絶対に働きたいという意欲

履歴書を書こうと思った原因は何でしょうか?
フリーランスの方などでも履歴書を書かなければならないという場合があるかと思うのですが、一番最初の部分をお忘れではないでしょうか?
と言うのも、何かを始めると、なぜそうしたいのかと言う一番大事な部分が抜けてしまうからです。

志望動機は、それを簡潔にまとめて相手に提示する作業だということを忘れてはいけません。
フリーランスとしてもっとやりがいのある仕事を獲得したい。
収入が不安定なので、副収入が欲しいために働きたい。

この働きたいという意欲を失っていては、書けるものも書けなくなってしまいます。
なぜ履歴書を書きだしたのかを思い出していただけたでしょうか?
その気持ちを履歴書に書き起こせばいいのです。

とはいっても、ただ働きたいだけであるのであれば、志望動機を考えることは出来ません。
なぜその仕事でなければいけなかったのかという理由が必要です。
そしてそこで自分がどんな役割をしたいのかという目的も含めなければ、中途半端な履歴書になってしまいます。

理由と目的をはっきりさせることで、手段が見えてくるのです。

やはり履歴書に関しては、志望動機や自己PRなどをどうやって書けばいいのかという悩みが多いです。
インターネットで検索をかけても、そういうお悩みはとても多いです。

しかし、多くの場合は、何故働きたいのかや何がしたいのかが抜けている場合が多いのです。
今一度、なぜそこでなくてはならないのかを考えると、会社ごとにそれぞれの志望動機が出来上がるものです。

あとは、言葉を言い換えてまとめてあげれば、すごくいいものが出来上がると思うのです。
言い換え方は自分の思うままで大丈夫ですが、なるべく簡単な言葉を使うようにしたほうが相手も読みやすい履歴書になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です