テンプレートは失敗のもと

フリーランスの方は履歴書を書くのが久々だったり、改めて確認したいことがあって検索をされるのではないでしょうか。
この記事を見つけてくれてありがとうございます。

「フリーランス 履歴書」で検索をかけると、必ずと言っていいほど表示されるのがテンプレートです。
参考にするならまだしも、それをそのまま書いてしまうと必ず失敗します。

なぜならそれは本当にあなたが書いたものではないからです。
どんな中小企業でも、沢山の人の履歴書を見てきています。
大企業ならば、その見てきた人数は、中小企業の比ではありません。

そんなプロフェッショナルを相手に、つたない文章を提示しようものならば、それが本当にあなたが書いたものかどうかは一発で分かってしまうものなのです。

テンプレートには、あなたなりの志望動機や自己PRが抜けています。
なので、言葉の参考にはなりはするでしょうが、それがそのまま本文には成り得ないのです。

これだけでもテンプレートを使用してはいけない理由としては十分なのですが、更に付け加えて言うのであれば、埋もれてしまうのです。
テンプレートを使用しようとする人は必ず出てきます。
そのため、多くの人の中に埋もれてしまって、正しい評価が得られなくなってしまうのです。

どんなに優秀な人間であっても、テンプレートを使用してしまった瞬間に、一部の群衆と変わらなくなってしまうのです。
それだけ履歴書におけるテンプレートは意味のないものなのです。

履歴書にはテンプレートは必要ありません。
それどころか、絶対に使ってはいけないものであると断言することが出来ます。

相手が欲しているのはあなたです。
あなたの考え、言葉でしっかりと伝えたい事を述べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です