自己PRはわかり易い言葉を使う

新しく履歴書を書こうと思い至ったフリーランスの方。
まず何から書けばいいのかとお困りのはずです。

履歴書に書けないことというのは、ありません。
自分が、そこに応募するに至った経緯や理由を書き記せばいいのです。

自己PRなんかも、自分の紹介文ですから、自分が製品としてどんな働きに特化しているのかを考えて書いてみましょう。
難しく考えだすと、それこそ読む側も戸惑ってしまいます。

自己PRでよくある失敗が、長過ぎたり、難しい言葉を使いすぎていたり、何が伝えたいのか分からなくなってしまって、本当に伝えたかったことが相手に伝わらない場合です。
フリーランスの方は経験が豊富ですから、それこそ書くことはたくさんあるとは思うのですが、何を書けばいいのか逆に分からなくなっていたりしませんでしょうか。

自己PRも情報の一つに過ぎません。
多すぎても少なすぎても意味がありません。
自分に関する情報を精査して相手に提示してあげなければ、相手は不必要な情報であると読むのを拒否してしまいます。

自己PRは自分にしかないことを書く場所ですので、自分の経験を通した事を書くのが一番書きやすいですし、失敗も少ないです。
そこに応募するところの特色を合わせ、自分と重ねて提示することで、自分がどれだけ価値のある人間であるかを会社側にとってもわかりやすく提示することが出来るでしょう。

そして一番大事なのが、分かりやすい言葉で書くということです。
難しい漢字や、専門用語など使いたい気持ちはわかるのですが、それでは相手が本当に理解してくれるかどうかは分かりません。
読み手が読んでくれなければ、せっかく書いたん文も意味をなさないのです。

読まれるための文章というのは、誰にでもわかりやすく理解できるものです。
相手のことを考えた文章を書かなくてはいけないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です