短所を言い換えて長所にする

フリーランスの方は、これまでにも何枚か履歴書を書いてきたと思います。
そういったベテランのフリーランスの方には縁のないお話かとは思いますが、履歴書繋がりでお付き合いいただければと思います。

さて、履歴書を書くときに必ずと言っていいほど考えなければいけないのが、自分の短所と長所です。
長所は自分のいいところを見つければいいので簡単ですが、短所はそうは行きません。
なぜなら、たとえ短所を見つけ出したとしても、それだけでは不十分だからです。

見つけ出した短所を言い換えて、長所にするという作業をしなければいけないからです。

例えば、時間に対してルーズな所がある場合は、人よりもマイペースという風に言い換えることが出来ます。
勿論言い換え方は一つではありませんので、自分の言い方で構わないのですが、短所でも長所に言い換えることが出来るのは、人間が理的な生き物だからです。

ようは解釈の違いで、どうとでもなるのですが、不十分であるとボロが出てしまいかねません。

そもそも短所と長所は人それぞれに必ずあるものです。
それだけを理由に面接に落ちるということはありませんが、相手はあなたがどれくらい頭が柔軟なのかを確かめる意味で聞いてきているのです。

ですので、物怖じせずに堂々と答えればいいのです。

長所に関しても気を抜いてはいけません。
短所と同じように、言い換えることで悪い意味にも捕らえられてしまう可能性があるからです。

どちらも自分の言葉で20文字程度で考えておくのがいいでしょう。
そうしておくことで、咄嗟に聞かれても焦らず答えられるようになることでしょう。

自分の短所や長所はなかなか自分で見つけられるものではありませんので、友人や家族に一度聞いてみて、それを言い換えるようにして書くことで、自分だけの長所と短所が出来上がります。
エージェントを活用して案件獲得を考えているフリーランスの方も、履歴書でいかに自分をアピールするかがポイントとなり、今後のキャリアパスに繋がる独立成功術の1つだといっても過言ではありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です